読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千里の道も一歩から!

新米ジャニオタ(?)な管理人のゆる~い感想ブログです。KinKiとV6が大好き!!

summer snow(ドラマ)感想

f:id:sizimix:20170228211702j:plain

☆あらすじ

篠田夏生(堂本剛)は両親の事故死で自転車店を継ぎ、耳の不自由な高校生の弟・純(小栗旬)と妹の知佳(池脇千鶴)の面倒を見ている。夏生の趣味はダイビングで、週末には純と連れだってよく海に出かけては潜っている。高校3年生の純は4歳の時の事故が原因で耳に障害があるが、補聴器を使えば日常生活には何の支障もなく成績は優秀。教師を目指している。高校2年生の知佳は、篠田家の家事全般を切り盛りするしっかり者で、夏生や純のことをいつも気にかける優しい女の子。実は純の幼なじみの末次弘人(今井翼)とこっそり付き合っている。

 

ある日、公園で自転車に乗れない男の子に乗り方を教えていた夏生は、信用金庫に勤務する片瀬ユキ(広末涼子)に怪我をさせてしまう。夏生はユキの手当てをするうち、彼女の勤める信用金庫が自分の取引先だと気付く。夏生の店は改装したばかりで、借金を抱えていた。ユキは新人で、営業回りをしているところだった。5歳で心筋拡大症と診断され、以来この病気と闘っている。2歳で母を亡くして以来刑事の父・正吾(角野卓造)と2人暮らしをしており、自分を心配しながら激務についている父を気遣いつつ、したいことを我慢して無理をせず生きてきたが、夏生との出逢いによって徐々に屈託のない人柄にひかれ、ユキは徐々に生き方を変えていくことになる。

 

純はメールで知り合った『ユキ』と会うことになったが、隠していた耳の障害のことでなじられ傷つく。そのことを知った夏生は激怒、ユキの所にどなり込みにいくが…。

(引用-Wikipedia

 

☆個人評価

ホームコメディ度;☆☆☆☆

ブコメ度;☆☆☆☆

爽やかさ、切なさ、感動;☆☆☆☆☆

 

☆一言感想

ドラマを観る度に堂本剛に恋をするこの現象はなんだろう……。

時代を感じるベタベタなホームドラマ。そして微笑ましい恋愛ドラマでした。

夏生を好きになればなるほど、最終回が悲しいです……(´;ω;`)

 

以下簡単な内容説明。

ネタバレになりますので苦手な方ご注意ください!

 

 

☆大雑把な話の流れ

 

①早くに両親を亡くした主人公『篠田夏生』(堂本剛)は実家の自転車店の経営をしながら、弟と妹を支え、兄弟仲良く貧しくも幸せに暮らしていた。

 

②ある日、弟の純(小栗旬)がネットで知り合った女性『ユキ』に、障害を理由になじられ振られてしまう。

 

③落ち込む弟を見て腹を立てた夏生。『ユキ』の勤める銀行まで怒鳴り込みに行く。

 

④いきなりのことに驚くユキ(広末涼子

 実は『ユキ』というHNは彼女の友人で同僚の女性(国仲涼子)が勝手に使っていたもので、夏生の勘違いだった。

 

⑤弟の証言から自分の勘違いだと気付く夏生。ユキに謝る。

 このことがキッカケで夏生とユキは少しづつ交流を深めていく。

 

⑥病気のことを隠し、夏生と付き合うユキ。

 浮かれる夏生とは裏腹に、篠田家には次々と事件が舞い込む。

(妹の妊娠。弟の進路。不良グループによる殴り込みなど……)

 

⑦ユキや家族の支えもあり障害を乗り越えていく夏生。

 しかしユキの病状は少しづつ進行していた。

 

⑧ついに余命数か月と告げられるユキ。

 助かる手段は移植手術しかないと言われる。

 

⑨しかし手術には莫大な資金がかかり、アメリカに渡米しなければならない。

 ユキの幼馴染で主治医の青児(中村俊介)は自分との結婚を条件に資金援助を申し出る(※書けませんでしたが、作中何度もユキに好意を寄せる描写がありました)

 

⑩夏生への想いから手術を断ろうとするユキ。

 しかし夏生はユキに生きて欲しいと、彼女を説得し身を引いた。

 

⑪泣きじゃくるユキ。

 涙を堪え病室を後にする夏生(しかし誰もいない視角で号泣(´;ω;`))

 

⑫アメリカ行き当日。

 ユキの為に見送りにも行かない夏生。

 妹の説得でせめて挨拶だけでも……と電話を掛ける。

 

⑬空港で鳴る携帯電話(ワンコール)

 それを夏生だと確信したユキは周囲の声を振り切り、夏生の元へ走る。

 

⑭その瞬間、発作が起きる。

 空港で倒れるユキ。

 ついにユキは昏睡状態になってしまった。

 

⑮自分の行動を悔やむ夏生。

 せめてユキの傍に居ようと病院に通うこと決意。

 

⑯病院に向かう途中、バイクに引かれそうな子供を見つける。

 咄嗟に助けに行く夏生。子供を庇い引かれる……。

 

⑰場面が変わり、ユキ緊急手術。

 

⑱手術を終えたユキ。

 急に消えた夏生(※手術前から手術後までユキとだけ会話をしていました)を探しに家に行くと神妙な顔をした兄妹が真実を告げる。

(※ユキの体調を気遣い、みんな落ち着くまで黙っていた)

 

⑲ユキのドナーは夏生だった。

 ショックのあまり嘘だと否定するユキだが、少しづつ夏生の死を実感していく。

 

⑳電車に乗り、夏生の撮った海の写真を眺め、今までのことを思い出す。

(※ここでエンドロール流れます)

 

㉑トンネルを抜けると海が広がる。

 その風景と共に「ずっと一緒に居る」そう言った夏生の言葉を思い出し、ユキは泣きながら夏生の死を受け入れた。

 

㉒それから数年後。

 すっかり元気になったユキは海の中キラキラと降る白い雪を見る。

 それは夏生といつか見ようと約束した『マリンスノー』(※海の中のプランクトンが深海まで落ちてくる様子。特別な条件が揃わないと見れない奇跡の風景)だった。

 

 summer snow(完)

 

* * * * *

 

夏生が愛しくて眩しくて悲しい(´;ω;`)

あらすじだけ書くと悲しい話ですが、篠田家の団欒や、ユキとの恋に浮かれる夏生など笑い所もたくさんあります。

 

笑って泣けて爽やかな気持ちになる、まさに夏のドラマ!

(実際放送されたのも2000年の7月でした)

 

若かりし剛さんを観たい方、家族愛に感動したい方、映画『銀魂』放映までに小栗さんと剛さんの共演を予習したい方にお勧めです!!

白菜のおひたし✨

外の葉を捨てるのを勿体ない!と思い、茹でてみたら意外と食べれました(感動)

f:id:sizimix:20170227222819j:plain

①沸騰したお湯で一分ほど茹で、水で締める。

②食べやすい(+混ぜやすい)大きさに切る。

③味付けは麵つゆで和えるだけ!!(麵つゆの量はお好みで)

 

昔お母さんに教えて貰ったほうれん草のおひたしの丸パクリ(;^_^A

さっぱりして美味しかったです✨

剛さんがジョニー・デップに見えてきた……。

f:id:sizimix:20170226230141j:plain

黒い服を着てるだけなのに! 帽子被ってるだけなのに!!

ていうか剛さん髪伸びましたね……( ゚д゚)

しかし剛のこの年々増していく女子力というか奥さま感はなんなんでしょうか……。

女子(?)だけど敗北感しか感じないです。

 

食品サンプルを作る剛さん美しかった💕

まぁ絶対上手いだろうな~と思ってたら案の定お上手でした。

(先生から職人としてスカウトされるレベル!)

 

そして今から関ジャム!今日は光一さんがゲストですよ!!

楽しみ過ぎて家の中メッチャ掃除してしまった(何故?)

今日はお昼にブンブブーン、夜にイチゲンさん&関ジャムでKinKiファンに優し過ぎる✨

ありがとうKinKi Kids! ありがとうジャニーズ・エンターテイメント様!!

ヒメアノ~ル(映画)感想。

f:id:sizimix:20170225160538j:plain

☆あらすじ

岡田進は清掃会社で働きながらも、漫然と過ぎていく時間に不安と孤独を募らせていた。

そんな中、岡田は同じ清掃会社で働く、更に冴えない先輩の安藤勇次とひょんなことから仲良くなる。

安藤はコーヒーショップ店員の阿部ユカに恋をし、岡田は止めたが安藤の恋心は止まらず、

岡田は安藤の恋の手助けをする中で皮肉なことにユカに告白され、付き合うことになってしまう。

多少のトラブルはありつつも岡田たちの日常はぐだぐだと過ぎてゆく。

しかし岡田たちの恋愛劇の裏では凄惨な殺人劇が起きていた。

岡田の元同級生で酷いいじめを受けていた森田正一は突発的で理不尽な殺人を行いながら

ユカに目をつけつけまわすようになり、徐々に岡田たちの日常を侵食し始める。

(引用-Wikipedia

 

☆個人評価

コメディ;☆☆☆

怖さ&グロさ;☆☆☆☆

森田剛の存在感;☆☆☆☆☆

 

☆一言感想

森田剛が凄すぎた!!

森田さん演じる『森田正一』という殺人鬼が、ホントこの世に存在するんじゃないかってくらいリアルで存在感があって怖かったです(((;゚Д゚)))

 

以下簡単な内容説明。

ネタバレになるので苦手な方ご注意ください!

 

 

☆(大雑把な)映画の流れ

 

①主人公岡田(濱田岳)はバイトの先輩安藤(ムロツヨシ)に連れられ、彼の恋する女性ユカの働くカフェに行く。
 
②そこで高校時代の同級生『森田』(森田剛)に再会。
 安藤はユカに気のある素振りを見せる森田をストーカー扱いしており、岡田に森田と話をつけるよう命じる。
 
③安藤の気のせいだと思った岡田だが、岡田を森田の友人と思ったユカから森田について相談される。ユカは森田にストーカーされていると訴え、岡田に森田の説得を頼む。

 
④岡田、森田と飲みに行く。
 それとなくユカの話をしようとするが、森田との会話はいまいち噛み合わない。
(カフェには昨日初めて行ったというのに、安藤のことはよく知ってる)
(そのことを指摘すると「言ってない」とまるで忘れたように答える)


⑤結局森田に何も言えなかった岡田。
 しかし二人で飲みに行って以来、森田はカフェに来なくなった。
 
⑥ユカと付き合うため奮闘する安藤。

  しかし安藤の思いとは裏腹に、ユカは岡田に好意を寄せていた。


⑦安藤に隠れ付き合う二人。

 幸せな二人とは対照的に、森田は衝動的な殺人と強姦を繰り返していた。
 
⑧最初は別々だった二人(森田と岡田)の日常が少しづつ近づいてゆく。
 そしてついに森田は岡田の家を突き止め、アパートに忍び込み、帰ってきたユカを襲う。
 
⑨母からの電話で森田にアパートの住所がバレたと知った岡田。
 ユカの身を案じ急いで家に向かう。
 
⑩襲われるユカを見て岡田、森田と格闘する。
 争ってるうちに二人窓から落ち血まみれに……(森田は足の骨を折った)
 警察に取り囲まれ逃げ場のない森田。岡田を人質に車を強奪して逃亡を図る。
 
⑪逃走中、岡田は森田に「もうこんなこと止めよう」「本当の森田くんは優しい子だった」と訴える

(二人は高校の最初の頃友人だった。しかし森田が虐められるようになってから疎遠になった)
 
⑫岡田の言葉にヒステリーを起こす森田。
 しかし目の前に散歩中の犬と老人が現れ、咄嗟にハンドルを切り電柱に激突。
 
⑬ショックで記憶が退行する森田。
 血まみれになりながら岡田から借りたゲームを返そうと車の中を漁ったり、居ない母親に麦茶を持ってくるよう頼む。
 おかしくなった森田を岡田は呆然と見つめる。
 
⑭警察に取り押さえられる森田。
 出会った頃の無邪気な笑顔で「またいつでも遊びに来てね」と言って警察に連れてかれる。
 岡田、複雑な表情で「うん……」と頷く。
 
⑮出血多量で岡田、気を失う。
(ここからは気絶した岡田の回想)



 森田「ねぇ、岡田君でいいんだよね」
 岡田「うん」
 森田「岡田君って何中だったの?」

 岡田「えっと……俺は○○中……」

 森田「へぇ~……そう、なんだ……あ、おれ森田っていうんだけど○○中!」

 岡田「へ、あ、○○中なんだ」

 森田「うん……」

 

 森田「ねぇもう誰かと話した?」

 岡田「ううん……森田君が初めて」

 森田「へぇ…そうなんだ……(嬉しそう)

 

 ある夏の日、森田の実家で楽しそうに遊ぶ二人。

 

 森田「おかあさーん! 麦茶持ってきてー!」

 

 最後に出てきた犬とそっくりな犬のカット(おそらく森田の実家の飼い犬

 

 ヒメアノール(完)

 

* * * * *

 いやホント森田剛が凄かった(二回目)

話の流れの中に書けませんでしたが、作中の所々高校時代のいじめシーンが入ってきて、後半の森田君の幻聴も含め、彼の精神状態の不安定さが見てて痛々しかったです。

森田君は根っからのサイコパスでなく、他人の悪意から生まれたモンスターですからね……それも踏まえて観ると、最後の笑顔が悲しくて可哀想で泣けます😢

まぁ見た目が森田剛でも殺人やレイプは許されませんけどね!

この見終わった後の「どんよりとした余韻」は是非他の人にも味わってほしいです(笑)

 

明るく楽しい話じゃないけど、色々考えさせられるいい作品でした✨

演技力が爆発した森田剛を見たい人、サイコサスペンスが好きな人にはお勧めです(^^)

ブログの趣旨とあいさつ。

 

初めまして『シジ美』と申します。

日本のどこかに住む人間です(※一応成人はしています)

 

このブログは管理人シジ美が観た映画やドラマ日々の日常をたま~に語るものです。

タイピングの練習と趣味を兼ねて始めてみました。

 

目標は『頑張り過ぎず、長く続ける!』

好きな俳優さんやキャラクターに偏った感想になると思うので、映画の参考にはならないと思います(汗)

 

一個人の感想として、気楽に楽しんで頂ければ嬉しいです(^v^)