読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千里の道も一歩から!

新米ジャニオタ(?)な管理人のゆる~い感想ブログです。KinKiとV6が大好き!!

ヒメアノ~ル(映画)感想。

映画感想

f:id:sizimix:20170225160538j:plain

☆あらすじ

岡田進は清掃会社で働きながらも、漫然と過ぎていく時間に不安と孤独を募らせていた。

そんな中、岡田は同じ清掃会社で働く、更に冴えない先輩の安藤勇次とひょんなことから仲良くなる。

安藤はコーヒーショップ店員の阿部ユカに恋をし、岡田は止めたが安藤の恋心は止まらず、

岡田は安藤の恋の手助けをする中で皮肉なことにユカに告白され、付き合うことになってしまう。

多少のトラブルはありつつも岡田たちの日常はぐだぐだと過ぎてゆく。

しかし岡田たちの恋愛劇の裏では凄惨な殺人劇が起きていた。

岡田の元同級生で酷いいじめを受けていた森田正一は突発的で理不尽な殺人を行いながら

ユカに目をつけつけまわすようになり、徐々に岡田たちの日常を侵食し始める。

(引用-Wikipedia

 

☆個人評価

コメディ;☆☆☆

怖さ&グロさ;☆☆☆☆

森田剛の存在感;☆☆☆☆☆

 

☆一言感想

森田剛が凄すぎた!!

森田さん演じる『森田正一』という殺人鬼が、ホントこの世に存在するんじゃないかってくらいリアルで存在感があって怖かったです(((;゚Д゚)))

 

以下簡単な内容説明。

ネタバレになるので苦手な方ご注意ください!

 

 

☆(大雑把な)映画の流れ

 

①主人公岡田(濱田岳)はバイトの先輩安藤(ムロツヨシ)に連れられ、彼の恋する女性ユカの働くカフェに行く。
 
②そこで高校時代の同級生『森田』(森田剛)に再会。
 安藤はユカに気のある素振りを見せる森田をストーカー扱いしており、岡田に森田と話をつけるよう命じる。
 
③安藤の気のせいだと思った岡田だが、岡田を森田の友人と思ったユカから森田について相談される。ユカは森田にストーカーされていると訴え、岡田に森田の説得を頼む。

 
④岡田、森田と飲みに行く。
 それとなくユカの話をしようとするが、森田との会話はいまいち噛み合わない。
(カフェには昨日初めて行ったというのに、安藤のことはよく知ってる)
(そのことを指摘すると「言ってない」とまるで忘れたように答える)


⑤結局森田に何も言えなかった岡田。
 しかし二人で飲みに行って以来、森田はカフェに来なくなった。
 
⑥ユカと付き合うため奮闘する安藤。

  しかし安藤の思いとは裏腹に、ユカは岡田に好意を寄せていた。


⑦安藤に隠れ付き合う二人。

 幸せな二人とは対照的に、森田は衝動的な殺人と強姦を繰り返していた。
 
⑧最初は別々だった二人(森田と岡田)の日常が少しづつ近づいてゆく。
 そしてついに森田は岡田の家を突き止め、アパートに忍び込み、帰ってきたユカを襲う。
 
⑨母からの電話で森田にアパートの住所がバレたと知った岡田。
 ユカの身を案じ急いで家に向かう。
 
⑩襲われるユカを見て岡田、森田と格闘する。
 争ってるうちに二人窓から落ち血まみれに……(森田は足の骨を折った)
 警察に取り囲まれ逃げ場のない森田。岡田を人質に車を強奪して逃亡を図る。
 
⑪逃走中、岡田は森田に「もうこんなこと止めよう」「本当の森田くんは優しい子だった」と訴える

(二人は高校の最初の頃友人だった。しかし森田が虐められるようになってから疎遠になった)
 
⑫岡田の言葉にヒステリーを起こす森田。
 しかし目の前に散歩中の犬と老人が現れ、咄嗟にハンドルを切り電柱に激突。
 
⑬ショックで記憶が退行する森田。
 血まみれになりながら岡田から借りたゲームを返そうと車の中を漁ったり、居ない母親に麦茶を持ってくるよう頼む。
 おかしくなった森田を岡田は呆然と見つめる。
 
⑭警察に取り押さえられる森田。
 出会った頃の無邪気な笑顔で「またいつでも遊びに来てね」と言って警察に連れてかれる。
 岡田、複雑な表情で「うん……」と頷く。
 
⑮出血多量で岡田、気を失う。
(ここからは気絶した岡田の回想)



 森田「ねぇ、岡田君でいいんだよね」
 岡田「うん」
 森田「岡田君って何中だったの?」

 岡田「えっと……俺は○○中……」

 森田「へぇ~……そう、なんだ……あ、おれ森田っていうんだけど○○中!」

 岡田「へ、あ、○○中なんだ」

 森田「うん……」

 

 森田「ねぇもう誰かと話した?」

 岡田「ううん……森田君が初めて」

 森田「へぇ…そうなんだ……(嬉しそう)

 

 ある夏の日、森田の実家で楽しそうに遊ぶ二人。

 

 森田「おかあさーん! 麦茶持ってきてー!」

 

 最後に出てきた犬とそっくりな犬のカット(おそらく森田の実家の飼い犬

 

 ヒメアノール(完)

 

* * * * *

 いやホント森田剛が凄かった(二回目)

話の流れの中に書けませんでしたが、作中の所々高校時代のいじめシーンが入ってきて、後半の森田君の幻聴も含め、彼の精神状態の不安定さが見てて痛々しかったです。

森田君は根っからのサイコパスでなく、他人の悪意から生まれたモンスターですからね……それも踏まえて観ると、最後の笑顔が悲しくて可哀想で泣けます😢

まぁ見た目が森田剛でも殺人やレイプは許されませんけどね!

この見終わった後の「どんよりとした余韻」は是非他の人にも味わってほしいです(笑)

 

明るく楽しい話じゃないけど、色々考えさせられるいい作品でした✨

演技力が爆発した森田剛を見たい人、サイコサスペンスが好きな人にはお勧めです(^^)